ロンドンのほんの小さな、学校とも呼べない様なカレッジのstudio(画室)で、教師のEmmaが私に向かってこう言った。
「You just can't go back…」
それは私が絵を描かない日々を夢想した話をしていた時の事だ。
What do you mean?--どういう事だい?咄嗟に言いかけて、私はそれを飲み込んだ。
そんな簡単な言葉を聞き違えるわけはない。
彼女のそのひと言は、一瞬自分のどこかに引っかかって、そして直ぐに深いところに沈んで行った。
手元には刷り上がったコラグラフが青いインクに濡れていた。

「もう戻れない」と言ったEmmaの言葉がどういうわけか運命めいて聞こえたけれど、あの言葉は薄暗い希望なのか、あくまで他人の戯言なのか。

なににしても確かに私はまだ絵を描いている。