ハーバーブリッジの向こうにオークランドの高層ビル群が見えるこの小さな湾へ、あの頃の自分はよく来ていた。
色々なおもいをして後、やがて日本へ帰国するとなった数日前、自分はこの湾の杭に鍵をかけた。

次にここに来る時、そうしてこの鍵を外す時、自分は幸せになっているんだ――


23年振りに一人このLittle shoal bayを訪れた後で、街へ戻るフェリーが長い長いハーバーブリッジの下をくぐる時、自分はそれまでずっと持っていたあの鍵の片割れを泡めく海に捨てた。
自分の心に残して置いたものがなくなって、代わりに出来た空洞がどうしようもなく寂しかった。



Little shoal bay